食と農と健康のエコシステムの実証:農業情報ネットへようこそ!

「地方都市近郊の食・農業に資する光センシング・AI・ICT研究ネットワーク」
などの諸活動の共創の場





【参考情報集】

送信者 20110513_農業情報学会_コラージュ







農業情報の生態(エコロジー)

農業の歴史的な生態(エコロジー)

求められる新しい農業哲学

次世代農業ビジネス

農業ビジネス参入の戦略(戦略の技術)

いのちの視点に立つ農業

「共創の場」の基本的フレームワーク

ビジネスのデザイン・創発のために用いられてきた方法



【これまでとは根本的に異なるアプローチによる、農業情報イノベーションのツール類】

・HI総合デザイナー
(HI Ground Designer)
(HI:Human activity, Information ecology)

・Big Data Analytics

・デザイン・シンキング
 (Design Thinking)

・活動理論(Activity Theory)の深化と展開

・エクスペリエンス(体験)の品質QoE (Quality of Experience)

・ライフログ・ビジネス(Lifelog Business)

・観察工学

・経験の構造

・「気づき」の技術

・エスノメソドロジー

・エスノグラフィック・マーケティング

・インタフェース問題の基底

・「スローなユビキタスライフ」の実践モデル

・Androidアプリ開発

・ARToolKit

・タブレット端末

・Agri-MBA

・ソーシャルゲームのビジネスモデル

・Open Supply Chains

・田舎の本屋さん通信


【参考書籍類の例

人間中心のイノベーションヘ: 
デザインシンキング

・図解 次世代農業ビジネス ~逆境をチャンスに変える新たな農業モデル

農業は繁盛直売所で儲けなさい!--日本経済を強化するモデル--

激変する青果物流通とマーケティングの実際--JAは市場流通依存からの脱却を--

・栽培

 - イネつくりコツのコツ

 ・菊

 ・プルーン

----------


 地方都市近郊の食・農業に資する光センシング・AI・ICT研究ネットワーク

【主な目標】
 地球温暖化により、微気象変動に対応した地域毎のプレ・ポストハーベスト技術の確立が急務となっている。そこで、光センシング、IoT、機械学習・深層学習モデルなどを用いて、地域の「農業を基点(起点)とする食の地産地消システム」、および「地域ブランド形成に基づく有利販売を目指す全国展開システム」を構築し、実証実験を行いつつ、高品質な農産物の持続的栽培・流通に基づいた地域の農業所得の倍増を目指す。
 具体的な本研究ネットワークの社会実装のひとつとして、地方都市近郊に分散している露地栽培ほ場に栽培管理用のセンサ・ネットワークを設置し農業者に栽培管理サービスを提供することが考えられる。実証実験としては、光センシング情報に基づいたプレ・ポストハーベストにおける品質(鮮度)モニタリング、IoT、機械学習・深層学習モデルなどを援用した高品質農産物を目指す栽培試験をおこなう。そして、収穫農産物(食材)・加工食品の「地産地消」と「地域ブランド形成を通した広域展開」を可能にする最適物流モデルの導出とAI・IoT研究に基づき構築された運用システムを通して、地方都市周辺地域の農業所得を倍増させることを目指す。

一般社団法人 ALFAE が主導する研究ネットワークです。

 AgGateway Asia に向けた活動・普及支援

 2017年3月17日(金)セミナー「AgGateway Japan設立に向けて~Towards AgGateway Japan:Global Consortium for e-Business in Agriculture 」が開催されました。
 午前中に開かれた設立準備総会で「AgGateway Asia」と名称が変更になりました。

一般社団法人 ALFAE が主導する研究ネットワークです。
⇒詳細:メンバーの方はメールでお知らせしたサイトへ(予定)


 ABCセンターAgricultural / Agrometeorological / Advanced Big data analytics and Co-creation center )

クラウド上で、M-SAKUネットワークスが運営する活動のひとつで、「農業分野におけるビッグデータアナリティクスの方法論を創出・研究・開発する実践サイト」。
気候変動・異常気象を考慮した農業のビッグデータアナリティクスや農業ビジネスの検討もおこなっています。

⇒詳細:各々のABCサイトの協創者の方々はメールでお知らせしたサイトへ

 IT融合による統合型次世代農業プロジェクト
(ITを活用した次世代トマト施設栽培の大規模実証試験)

 太陽光型植物工場における、およそ20にわたる経営知・植物知・栽培知・環境知の仮説検証(目的変数、説明変数、収穫日予測モデル、収量予測モデルなど)のビッグデータ・アナリティクス、農業に関する総合知の構築活動です。

⇒詳細:メンバーの方はメールでお知らせしたサイトへ

 「農匠ナビ」プロジェクト

農林水産省:「農匠ナビ」プロジェクトの研究担当分:
『匠の技継承・人材育成モデルと暗黙知継承支援技法』が本の章として出版されました:

 トルコギキョウ栽培に関する長野県の佐久穂町・農家・NTT研究所の共同研究
 長野県の佐久穂町のトルコギキョウ農家を実証実験場として、トルコギキョウの栽培法の映像知識ベース化・匠の技の継承技法の開発・センサーネットワーク・ビッグデータ・スマートフォンアプリサービスなどに関する共同実験です。
 研究成果の一部は、IEEE Pervasive Computing Magazine にも採録になり、その一部として紹介されています。

 農村高齢者の健康支援推進事業(健康管理活動事業)

 2009年度農林水産省の「農村高齢者の健康支援推進事業」の補助事業などで、JA長野厚生連健康管理センター、日本農村医学研究所、佐久総合病院・地域健康管理科などが行った活動です。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
最近、参加して参考となったオープン活動の例:

AgGateway の Standards Director(現在は CEO)であるJim Wilsonのお話(2016.5.24)

 
 
 
 
 
 
 
 
 


MITメディアラボのCaleb Harperさんが、千葉大学で講演されました(2016.1.21)。
彼らの提起する「Climate Democracy」、Open Agriculture (OpenAG)」の活動は、今後の新しい農業のHI総合デザイン活動の参考になると感じました。【以下の写真は、当日の講演とパネルディスカッションの様子です。】

What if climate was democratic?

What if climate was democratic?

What if there were 1B more successful farmers?
 
 
 
the internet of food is being planted right now ・・・ start hacking it
  

  




最近の仕事(栽培知識ベース、ビッグデータアナリティクス)に関連して調査した施設/圃場の例:

Iceland (トマト)

Croatia-1 (ワイナリー)

Croatia-2 (トマト)

Netherlands-1 (トマト)

Netherlands-2 (トマト)

Netherlands-3 (パブリカ)

Netherlands-4 (環境制御)

Netherlands-5 (研究コラボレーション)

Netherlands-6 (コンサルティング)


Netherlands-7 (大学・試験農場)

Netherlands-8 (大学・新しい試み)

Chiba (トマト)

Miyazaki-1 (パブリカ)

Miyazaki-2 (トマト)

Miyazaki-3 (リーフレタス)
Fukuoka (トマト)


Kumamoto-1 (トマト)

Kumamoto-2 (トマト)



------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「農業と食」に関連した最新情報・最新活動を集め、 
皆さんとご一緒に、
HI総合デザイナー(Human activity, Information ecology, Ground Designer)が
ご支援させて頂きます。
-----HI総合デザイナーHuman activity, Information ecology, Ground Designer)のサポート・サイトです-----

HI Ground Design活動とは、人々の諸活動 H (Human activity)と 情報生態Information ecology環境を、
総合的・戦略的にデザイン(Ground Design)し、現状の活動の拡張的・発達的サイクルの深化に寄与していく活動を意味しています。



過去の活動例

・『農業協同組合経営実務』2012年8月号に、農村地域のネットワーク」を寄稿いたしました。

・農業現場へのHI総合デザイン活動の応用例を、農業情報学会・全国大会2011、2012で発表いたしました。

・農林水産省の研究プロジェクト:農匠ナビに参加して、活動しています。

・長野県の佐久穂町で、元気の出る農業(「げんでる農業」)活動を進めています。

・農林水産省の「農村高齢者の健康支援推進事業(健康管理活動事業)」に参加して、活動しています。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【ご参考】

土の文明史」の330ページには、「求められる新しい農業哲学」として、
 新しい農業の哲学的原理は、土壌を化学システムとしてではなく、地域に適応した生物システムとして扱うことにある。
しかし農業生態学は単なる古い労働集約的な農業への回帰ではない。
それは最新の遺伝子操作技術と同じくらい科学的であり、ただし化学と遺伝学ではなく生物学と生態学に基づいている。
土壌、水、植物、動物、微生物の複雑な相互作用に立脚した農業生態学は、
画一化された製品や技術を使用するよりも、地域の条件と背景を理解することに依拠する
それは地域に根ざした知識に指導された農業を必要とする
習慣や都合でやるのではなく、頭を使って農業をするのだ。
と、あります。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


「農」を考えるときには、単にビジネスや戦略、技術といった視点だけでなく、基本に戻って、「いのちの視点に立つ農業」を忘れてはなりません。そして、「医は農に、農は自然に学べ」と言われているように、「医、健康」との関係について考えておくべきである、ということは言うまでもありません。
(参考: 「医と農」の関係については、「農民とともに」のみんなで創ろう! 明日の地域医療をご参照ください。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

これまでに、

ビジネスのデザイン・創発のために用いられてきた方法 【⇒これまでの適用例

まず、自分達のおかれている内部コンテクスト(Internal Context)自己観察(Self Observation)自己想起(Self Remembering)することからはじまります。すなわち、自分を知ること、どのような状態になりたい(Wants)のか、など、自分達を見つめ直すことからはじまります。

一方で、自分達のまわりの外部コンテクスト(External Context)はどのようになっているのか、将来的にどのような方向にすすんでいこうとしているのか、などについての人々の諸活動(Human Activity)、全体を流れる総合的な情報の生態(Information Ecology)を明らかにしていきます。

そして、これらの状況の中で、最新のビジネス・イノベーション技法や最新のICT、IoT、AI などを利活用しながら、活動理論を用いて、新しいエクスペリエンスを生み出すビジネスの戦略ならびに活動をデザイン・創発していきます。



HI総合デザインHuman activity and Information ecology Ground Design活動のために用いられてきた方法

HI Ground Design活動とは、人々の諸活動 H (Human activity)と 情報生態Information ecology環境を、総合的・戦略的にデザインし(Ground Designer)、現状の活動の拡張的・発達的サイクルの深化に寄与していく活動を意味しています。

【人々の諸活動とは(例)】


【農業と健康(Agriculture & Healthcare 分野への応用例】